Iberis式ダイエットの掟②
ダイエット中の食材は素材に近いものを食べよ

暑い日が続いております。水分補給を心がけていくと胃腸が冷えて食事が取れなくなる方がチラホラ。☛胃腸の調子を整える方法。

暑い夏でも食欲がなくなるどころか増していく一方の方はダイエットはもう本番、コツコツ積み上げてきた方も慌てて頑張り始めた方も成果を披露する時期になりました。

大阪府吹田市江坂町でパーソナルジムを運営している三好です。ダイエットサポートのご依頼も増えて参りました。

以前のブログにダイエットの秘訣という事で食卓の彩りに拘りましょうとお伝えしましたので今回は第2弾です。

素材に近いものを食べるべし

ダイエットを始めるとまず何を食べれば良いか困りますよね。好きな物を好きなように食べていたらもちろんダメですね。では、なるべく食べないようにしようとかタンパク質だけ食べようも基本はNG。栄養の偏りは痩せなくなるし、体調も不安定になりやすいです。では、食事を取る時に気を付けておきたい所は何かというと食べるものは素材のまま食べられるものから選びましょう!です。

基本は生で食べられるものが一番です。しかしながら生で食べられないものも多く調理も必須の食材も多いです。その時は調理の仕方で選びます。

例えば豚肉を例に説明すると、豚肉は疲労回復効果もあるビタミンB群を含むたんぱく質をしっかり取れる良い食材です。しかしながら、カロリーは他のお肉(牛や鶏)と比べてもやや高め。しっかりとスタミナ付けたいとなったら特に夏の時期などはお勧めの食材。ではどうすれば良いかというと。

●生⇒ゆで⇒(和える⇒)蒸す⇒煮る⇒焼く⇒炒める⇒揚げる

先の順番で左から右へカロリーが高くなっていく調理方法になります。身体を引き締めたいけどしっかり食べたい時は左側の【生】に近い調理法を選びます。身体を太らせたい時は逆に右の【揚げる】に近い調理法から選ぶと良いでしょう。調理法のカロリーが気になる方は先の豚肉をタップしてみて下さいね(外部リンク)

●とんかつより生姜焼き

とんかつ、美味しいですよね~!普通のとんかつも好きですがチーズミルフィーユかつなどチーズが入るとより選びたくなります。しかしダイエット中はさすがにハイカロリー、でもおかずはしっかり食べたいとなると調理法を変えて選びます。

豚の生姜焼き。更に良いのは。

●生姜焼きより豚しゃぶ

夏の時期には最適の豚肉の冷しゃぶ。さすがに豚肉は生で食べるとお腹壊すので無理。その場合はなるべく素材に近い状態で調理してあるものを選ぶとベターです。

●見たらすぐに何かわかるものを食べるべし。

ダイエット中お勧めできないのは見てすぐに何かわからないものを食べる事です。例えば揚げ物。説明を受けずに中身を割らないと何の食材かわからないですよね。とんかつなのかコロッケなのかミンチカツなのか。お肉を茹でたものや焼いたものだと牛か豚かは間違えてもお肉であることは判断できますよね。見てすぐにわかるものを選ぶと間違いはないでしょう。個人的にダイエット中に特にお勧めしないのは【ミンチカツ】です。コロモは油分多いし中身はミンチなので色々混ぜられているので食材増えるしという事でダイエット中に限り避けて頂くと良いかと思います。

選択肢を覚えておきましょう!!

ダイエットを始めるとなるとどうしても我慢が強いられてストイックに取り組まないとというイメージも強いと思いますが食材の選び方を知っておくだけで辛い思いせずに引き締まった身体を手に入れることは可能になります。ブログの内容をうまく活用して健康的に引き締まった身体が手に入るきっかけになれば幸いです。

ここまで読んだ方はお腹すきましたよね!おいしいご飯食べて身体動かしてきてくださいね。

 

body studio Iberis(ボディスタジオイベリス)大阪吹田江坂店です。イベリスはダイエット、ボデイメイクしたい方や肩痛、腰痛、膝痛でお悩みの方も加圧トレーニング、グアシャ、ストレッチで身体を整えながら楽しく運動を続けられるの東急スポーツオアシス江坂店内に構える完全個室のパーソナルジムです。

只今、体験セッション受付中!!気になる方はとんかつを一度タップ!二度付けはだめですよ。